ガラコンサート終わりました!

荻窪音楽祭30回記念ガラコンサート

大ホールがたくさんのお客さまで埋まり、
本当に素晴らしい会になりました!

とくに
過去にオーディションで選ばれたジュニア世代
+プロのサポートメンバーから成る
荻窪音楽祭フレッシュジュニアアンサンブル
小学3年生〜の若い演奏家の卵さんたちが
頑張っていて、
こちらもとても刺激になりました。

杉並公会堂の大ホール、初めてでしたが
大ホール特有の「取り残された感」がなく
大ホールだけどお客さまと近い。
響きはもちろん良いのですが
何よりもとっても「伝わる」ホールでした。

演奏するのも楽しかったです!
ハープ室内楽器といいますか、
あまり音量は出ないので
ピアノとのバランスはすごく難しく
リハーサルでかなり調整しました。

聴いてくださった何人かにバランスの感想を聞くと
「ちょっとハープが小さい時があったかな」
とか
「うーん、もっとピアノが聴きたかったかも」
とか、、、

どっち!?

て感じですが。
聴き方、受け取り方は人それぞれと言うことで。

 

 

 

 

 

 

 

ハープの有馬さんと
なぜか素晴らしいソリスト先生の楽屋の前で(笑)
(ここが一番明るかったのです)

関われたことをとても光栄に思える演奏会でした。

めまぐるしく作業してくださった音楽祭の
スタッフのみなさま
共演のみなさま
お家から、職場から、音楽祭の違う会場から
駆けつけてくださった皆さまに
感謝いたします。
ありがとうございました!

 

最後に、ほんの数日前に歩けるようになった娘↓

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。