今のが精一杯!

低学年のSちゃん
ある曲を弾いていて、暗譜課題だったのに
◯をあげられるのには程遠い演奏。。。

なので、とりあえず

「もう一回弾いてみる?」

と言ったら、なんと部屋の隅まで駆けて行ってしまい

「やだ〜今ので精一杯!もうムリ〜」

と言うのです。
それも、ちょっと茶化している!
(こやつ、練習してないな〜(-。-;、いつもだけど。 )

 

 

 

 

 

そんな時

・先生ができると信じてるからこの曲をあげたのよ、と励ます
・練習してないんでしょ〜(ま、していないんだけど)
・今のが精一杯なんてことない、もっとできるはず!
・無理でもなんでも弾きなさい!

色々な持って行き方があると思います。
生徒ちゃんのタイプによっても、
リアクション想像できますよね。

今回はもう、
今日は練習のつもりで弾かせるしかない
と思い

「Sちゃん今のは精一杯だったんだよね?
 精一杯じゃなくていいから、
 さっきよりもヘタッピなやつでいいから、
 弾いてみる?」

と言いました。

Sちゃん「うーん、、、」

と、渋々、弾いたら、

できた!(◎_◎;)
Sちゃんもキョトンとしている(笑)

?なんでできた!?
?最初のぐちゃぐちゃの下手さはなんだったのか
?実は猛練習していたのか(そんなはずはない)
?下手でいいことに、
そんなに心も指も軽くなるものなのか

子供の、ひいては人間の可能性は計り知れない
と感じた出来事でした。

力の限り弾くことが、良い演奏ではないし
精一杯頑張って何かをすることは
必ずしも良い結果を生むわけではないんだな。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。