腱鞘炎(雑談)

少し前に、生徒ちゃんが腱鞘炎に
なってしまいました( ´△`)

腱鞘炎、と言っても
足の!

まだ身長がないのに、本番前の練習で
無理にペダルを踏んだのが原因のようです。

私の生徒ちゃん、そんなに練習する子は
いませんので(⌒-⌒; )
腱鞘炎患者を出したことはないのですが
足の腱鞘炎にはびっくりでした。

幸い、少し安静にしたら回復しました。
ああ、良かった(^_^)

でも最近は久しぶりに練習すると
ペダルを踏む足、というか
腰にくる。。。笑
自分も気をつけよう。

****

 

腱鞘炎に関して、私の経験は一つだけ。
大学院時代ですが
腱鞘炎になりかけたことがあります。

なぜ?
原因は、こ、ち、ら。↓

 

 

 

 

は?

という方のために

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、そうです。
プレステ2のゲームで、
塊を転がして、
それにどんどん周りのものをくっつけて
大きくして
最後は月になる!

みたいなやつです。

親指を360度、グリグリ回します。

このソフトを買って、その日にハマって
やり続けていたら
夜が明けたという。

他にも夜が明けたゲームは
Dr.マリオ
数独
テトリス
ぷよぷよ



え?ロールプレイングじゃなくて
そういうのでハマるの?

て感じですよね。
ものすごいスコアを出して
周りに驚かれます。はい。

もうしません!
もう何年もやってません!

私は卒業したけど、
みなさんもご注意くださいね。

腱鞘炎の原因は
弾きすぎもありますが
力んだ状態で弾く、
動かし続けることだと思います。

大学に入っても、卒業しても
プロになっても言われて来た

脱力

ピアノ演奏のテクニック面では
「脱力」と「運指」が演奏を牛耳っているかも。
と、思う今日この頃。

そうそう運指について。

(雑談続く)

運指は才能かもしれません。

名ピアニストのホロヴィッツは
本番中に、それまでと違う運指で弾いて
大冒険して
遊んでいたようですよ!

私は5指が極端に短いのと、
数学やパズルやゲーム好きだったから、
我ながら結構ステキな運指を思いつきます。
(自画自賛)

生徒ちゃんには、その子に合った運指を
指導しています。
困っているのは、
とある楽譜(某出版社のベートーヴェンのソナタ集)の
とある校訂者の運指が、
どう考えても日本人の、それも子供の手には
適さないこと。

真面目な子は、弾きにくいのに
その指で無理やり弾いてきてしまうので、
後から直すのが大変。

違う版をコピーしたりして凌いでいます。

運指はさっさと適切なものを見分けて
決めてしまうといいですね。

曲を弾き込んでいく段階で
違う運指を思いつく発見もあるのですが。

今日はこの辺で。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。