電子楽譜《GVIDO》使用感とお知らせ!

GVIDO グイド

 

先週までレンタルしていた電子楽譜。

夏は、取り組む曲が多かったので

帰省先での本番、

ハワイでの練習時にも

大活躍してくれました!

 

とくに、ソナタとか、

一曲だけ弾いているのに

全集一冊持ち歩く!!!

(受験時のレッスン、荷物が重かったことを思い出す。。。)

とかは大変ですよね?

そんな時にも、いつでも、

これさえあれば!というオススメ楽譜です。

 

【メリット】

・何冊でも持ち歩ける

・ってことは複数の版を持ち歩ける
 (私は自筆譜とかも入れていました。同期に時間かかりますが)

・付属ペンで書き込み可能(消すことも可能)

書き込んだものを、Cloudで他者とすぐに共有できる!
 (残念ながら使っていませんが、オケで便利らしいです。)

・譜めくりはタッチでも、付属ペダルでも可能

・暗闇でも読める
(↑私はよく夜中に部屋を暗くして弾くので。。。
よく聴こえるし、同時に睡眠も取れる気がして。笑)

 

【iPadと比較した時のメリット】

・画面が大きく見やすい。やっぱり「楽譜」!

・譜めくりはタッチでも、ペダルでも可能
(管弦楽器の人なんかは便利なのでは?)

・画面はiPadよりも光りにくい。(でもホールでは若干、反射が気になる。)

・iPadよりバッテリー長持ち!(楽譜機能しかないからね。)

・楽譜の整理ができる。
(栞をする、曲ごと、プログラムなど同じカテゴリーでまとめることが可能)

 

【デメリット】

ピアノ弾きは、やっぱり譜めくりが大変。

だけど、だいたい本番は暗譜するし、、、

そもそも普通の楽譜でも譜めくり大変。

なので、

デメリットは、とくにないと思いました。

 

強いて言えば、PCが使える方が、使いこなせます。

 

あ、お値段は、、、180000円です。(桁をきちんと数えてね。)

 

 

このGVIDO、元々は寺田倉庫の会長さんが

音楽好きで、「自分の趣味のために」

SONYと共同開発したのだとか。

GVIDOのショールーム(八重洲?)と山野楽器さんで

取り扱っています。

 

 

【ここからは重要なお知らせです!】

 

〜其の壱〜

で、友人の同級生が プロジェクトしているそうで、

「才能あるお弟子さんがいらしたらご紹介ください」と

ジャストタイミングで、こちらを知りました。

https://www.gvido.tokyo/gvido12/

コンサート出演と、

なんと。GVIDOがもらえます!

 

資格は20~28歳まで。

 

あと2年、遅く生まれて入れば私も受けたのに。。。笑

(冗談です)

 

大学等でご指導されている先生も、

良かったらご覧くださいませ。

 

〜其の弐〜

さらに、私はGVIDOの回し者ではございませんが、

GVIDOの無料レンタル(1ヶ月~2ヶ月くらい)

山野楽器さんへ、お繋ぎすることができます(^^)

 

レンタルは、一般向けにはしておりませんので、

我こそは!と思う方、

ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。
取次は松岡と面識ある方に限らせていただきます。

 

GVIDO紹介
https://www.gvido.tokyo/ja/

 

今日はここまでです!

 

 

松岡直子LINE@

  • 音楽(自分の演奏の音源や、
    気分に合ったオススメの一曲など)
  • 教育・子育て・人間関係
  • 一日が楽しくなるひと言をテーマに配信していきたいと思います!
    ぜひお気軽に登録してみてくださいね。

登録はこちらから↓

LINE@ https://pianaoworld.wixsite.com/line
友だち追加

 

公式メルマガ【 Happy Original Life 】

自信が持てない演奏家。
生徒がなかなか集まらない、悩める音楽家の方にも。

ご登録はこちらから↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/88057

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。