奇跡じゃないピアニスト

少し前にLINE@とこちらのブログで

起きた奇跡と起きなかった奇跡

ご紹介しましたが、

LINE@では

「うるうるきた」

「当たり前のことが当たり前じゃないんですね」

などのコメントやスタンプを

送ってくださる方が多くいました。

 

例えば、

歩く道が舗装されている、

靴を履いて歩ける、

水道がある、

電気が使える、

食べ物が手に入る、、、

 

私たちの日常的なことが

奇跡に近い人も世界中にはたくさんいます。

そう考えると奇跡の中に、

奇跡の確率で生まれてきた、

あなた自身が奇跡の存在ですね(^^)

 

「奇跡」で思い出したのが、

数年前に読んだピアニストの辻井伸行さんの記事。

 

『盲目のピアニスト、ではなくて、

優れたピアニストと言われるようになりたい。』

 

辻井さんにとっては、目が見えないことは日常。

彼にとってピアノを弾くことは、

奇跡的なことでは大変なことではなく、

きっとお箸を持つことのように

自然なことだったのだと思います。

 

ですから、目が見えないのに

ピアノが弾ける事をすごいと言われても、

それは不本意。

 

ただ、音楽を奏でることで一流になりたかった。

 

今や 夢を叶え続ける

辻井伸行さんの演奏で「月の光」。

 

昨日から満月ですので〜

 

それでは。

 

********************

完全無料・匿名でも大丈夫です!
結構ご好評いただいている

松岡直子LINE@

詳細はこちらから↓
https://pianaoworld.wixsite.com/line

 

ライフコーチとして
演奏家の方々の心のサポートも
しています。

松岡直子公式メルマガ
【Happy Original Life】

ご登録はこちらから→https://www.reservestock.jp/subscribe/88057

 

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。