おなら対応

【重要な前置き】
どうでもいい記事です!!

で、

「おなら対応」

ピアノに限らず指導者の皆さん
どうしてます!?

いや、自分がしたい時じゃなくて

レッスンで話している時に
生徒ちゃんが
プッ
とか

いう時です(笑)

私の対応パターンは以下です。
(幼児〜小学生の場合)

1. しただろ~ と普通に突っ込む
2. 今、何か聞こえなかった?とリアクションをおうかがいする
3. 気づかないふり(匂いは嗅ぐ)

生徒には平等に、依怙贔屓なく
(本当の意味では、生徒の個性に合わせていたら
平等はないと思うのですが)

と、思っていても
このことには、なんか対応に差が出ちゃう。

〈例外1〉
スカした生徒が
自己申告、ということもありました。
言わなきゃわからなかったのに。笑

で、少し前にもう一つ
例外的事件が起こったので今回書いてみたワケです。

〈例外2〉
「ぶっ」と、こきながら
そもそも本人が気づいていない!
弾き続ける。。。
後ろでお母様がずっこけてました。笑
ある意味すごい集中力!

では、次はもうちょっと
ためになる記事を書きます。
さよなら〜

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。